気がつけば無気力状態に陥ったらうつ病の可能性もある

うつ病の可能性があります

悩む男性

家族に変化が見られたら、医療機関を受診

忙しい現代人は、学業や仕事、アルバイトなどで、疲労やストレスを感じている人が増えています。どんな元気な人でも、休日何もできないこともあります。健康な人はすぐに改善することが多いですが、休日何もできない状態が続く時は、うつ病などの精神疾患が隠れている可能性があります。平日は多忙な生活をしているため、土日は起床の時間が遅くなる人が多いです。起床時間が遅くなると、体内時計が狂ってしまい、心身の不調の原因になります。意欲や気力が著しく減退をしたり、体のだるさが原因で、何も出来なくなることがあります。憂鬱な気分が長く続いていたり、体の不調が見られたりする場合は、精神科や心療内科を受診するのをお勧めします。心療内科や精神科は、予約制の所が多いですが、個人経営の場合は当日でも予約が出来ることもあります。休日は本来は楽しみにしている人がほとんどですが、過度やストレスや肉体疲労などが原因で、何もできないこともあります。うつ病が疑われる時は、早めに診察やカウンセリングを受けて下さい。

仕事や家事、育児などで忙しい人は、精神的、肉体的な疲労が溜まりやすく、土日などの休日は何もできない人も少なくありません。溜まっている家事をしたり、レジャーや趣味を楽しみたいのに、何もできない状態です。うつ病は最近は増加傾向にある、精神疾患の一つですが、真面目で几帳面な性格の人や、周囲に気を配れる優しい性格の人が罹りやすい傾向があります。過度なストレスを受けていると、意欲や気力が減退したり、体の不調を感じて、休日に何もできないので悩んでいる人もあります。うつ病は放置をしておくと、朝が起きられなくなってしまい、遅刻や欠勤、不登校に発展することもあります。元気で活発な性格の人が、元気が無くなったり、人と会うのを避けていたりする時は要注意です。うつ病の場合は、統合失調症などの病気とは違い、本人に病識がある場合がほとんどです。医療機関を受診したがらない場合でも、家族が説得をして通院をさせることが大事です。病院やクリニックに行く時は、なるべく家族が付き添ってあげることが大事です。

Copyright© 2019 気がつけば無気力状態に陥ったらうつ病の可能性もある All Rights Reserved.