気がつけば無気力状態に陥ったらうつ病の可能性もある

どんな症状が出るのか

頭を抱える女性

周りに相談してみよう

平日は仕事に集中し頑張っているものの、休日になると何もできないという人はたくさんいます。これは単純に日頃の疲れがドッと出てしまっただけということもあるので、ゆっくり休めば改善することでしょう。しかし、いくら休んでもかえってダルくなってしまうということがあります。これは疲労が溜まっていたせいというわけではないかもしれません。休日になるといつも何もできないというのは、体や心の何らかのサインということもあります。今一度、自身とよく向き合ってみましょう。また、身近な周りの人に相談してみることも大切です。そうすることで、自身が周りからはどのように見えているのか分かります。周りからもダラけていることが分かったり、疲れているように見られたりするようなら、ひとまず休むことが大切です。それでも改善しないようなら、心の病気などが考えられます。心療内科を受診してみるのも一つの手段です。その際、他にはどんな症状が出るのかメモ書きしておきましょう。問診の時に役立ちます。

休日に何もできない状態が続いてしまうようなら、心療内科や精神科を受診してみましょう。一人で受診できるのならそれに越したことはありません。しかし、心の病気の場合はなかなか自身で気づくことはできないものです。身近な人たちが症状に気づき、連れて行ってくれることがあります。信頼できる人が身近に居るのなら気兼ねなく頼ってみましょう。また、休日に何もできないからといってすぐに自身が心の病気だと断定してしまうのはよくありません。素人では病名を判断することはできないからです。ただの怠けということもあります。まず、症状を把握しましょう。やる気が起きないというだけではなく、実際に体がダルかったり、食欲不振になったりということがあれば心の病気の可能性も否定できません。また、心療内科や精神科を受診するのなら、どこがいいのか比較することが大事です。口コミなどを参考にして評判の良いところを受診しましょう。あまり遠いと通うのが億劫になってしまいます。できるだけ通院しやすいところがおすすめです。

Copyright© 2019 気がつけば無気力状態に陥ったらうつ病の可能性もある All Rights Reserved.