気がつけば無気力状態に陥ったらうつ病の可能性もある

楽しみを見つける

悩む男性

心を向き合おう

平日は仕事が忙しく、趣味の時間も持てないという人はたくさんいます。そのかわり、休日はゆっくり休んだり趣味に没頭したりというように自由に過ごせる人もたくさんいるものです。ところが、せっかくの休日に何もできないという人もいます。仕事をしている時には休みになったらあれもしようこれもしようとワクワクしていても、なぜかいざその日がやって来ると何もする気にならないことがあるのです。この気持ちの変化に自分でも驚いてしまうこともあるでしょう。このように、休日に何もできないというのは心に問題が生じているのかもしれません。例えば、うつ病だったり自律神経失調症だったりというように何らかの病気が隠されていることもあります。そこでおすすめなのが心療内科を受診することです。もしくは精神科を受診しましょう。土日や祝日も診療しているところなら会社を休むことなく通院できます。また、電話で相談を受け付けているところもあるので活用してみましょう。電話なら誰でも気軽に相談できてとても便利です。

休日に何もできない、いつも無駄にゴロゴロして終わってしまうという人は何かやるべきことを見つけてみましょう。趣味に没頭できるようになれば、より良い休日を過ごせるようになるはずです。もちろん何もせずにゴロゴロしているだけでも体が休まることがあります。日頃、仕事で疲れている人ほど休日くらいはのんびり過ごすようにしましょう。ところが、あまりにも何もすることがなく、何もできない状態が続いてしまうと、それがうつ病に繋がってしまうこともあるのです。歳を取ると認知症になってしまうこともあります。適度に頭を使ったり体を動かしたりしないと、脳も体も老化現象が進んでしまうのです。このような状態にならないようにするためには、無理なくできることを探した方がいいかもしれません。休日にはウォーキングをしたり、ショッピングをしたりというように、少し外へ出てみましょう。家の中に引きこもっていてはどんどん憂鬱な気持ちになってしまいます。楽しめることを探すのが一番です。そして睡眠をたっぷり取りましょう。

Copyright© 2019 気がつけば無気力状態に陥ったらうつ病の可能性もある All Rights Reserved.